第二種電気工事士技能試験で使う指定工具の説明
第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


おすすめ
↓工具一式そろってます↓

HOZAN(ホーザン)
電気工事士技能試験 工具セット DK-18
Amazonで詳細を見る>
スポンサーリンク

3.技能試験で使う工具をそろえよう

♦技能試験に必要な工具とは♦

筆記試験に合格しましたら、次のステップは工具をそろえなければいけません。
技能試験で使う工具は、最低限必要な工具とそれ以外の工具にわけられます。

最低限必要な工具とは指定工具といわれていて、これらの工具のみを使って技能試験に出題される作品を作らなければいけません。
ですので、技能試験を受ける予定の方は必ず試験会場へ指定工具を持参してください。

指定工具は、全部で次の6点があります。

  1. ペンチ
  2. ドライバー
  3. 電工ナイフ
  4. スケール
  5. ウォーターポンププライヤ
  6. リングスリーブ用圧着工具
工具はどこで購入するの?
これらの工具は家の近くのホームセンターでも販売していますし、ネットショッピングでも購入できます。
ホームセンターとネット通販の両方の値段を調べてきて、安い方のお店で買えばいいと思います。
技能試験当日に気を付けること
工具について技能試験当日に気をつけないといけないことがあります。
この指定工具を、試験会場へ向かう途中で工具を持っていないことに気がついたらどうしますか?
持って行くのを忘れてしまったから隣の人に貸してもらおうと甘い考えをしていても、貸し借りは禁止になっていますので貸してもらえません。
貸してもらえないということは、技能試験に合格できない可能性がでてきます。
そのようなことが起こらないように、家を出発する前に6つの工具を持ったのかしっかり確認してください。

それでは、指定工具の値段と主とする使い方について説明します。

スポンサーリンク

♦指定工具の説明♦

1.ペンチ
値段:ホームセンターでは500円〜2000円くらい
説明:露出形配線器具に結線する輪を作るときに使います。
ペンチ
2.ドライバ
値段:ホームセンターでは500円くらい
説明:ねじの締めつけや、埋め込み形配線器具の取り付け枠のフックの締め付けに使います。
ドライバ
3.電工ナイフ
値段:ホームセンターでは1000円〜3000円くらい
説明:電線の被覆のはぎ取りに使います。
電工ナイフ
4.スケール
値段:ホームセンターでは100円〜500円くらい
説明:電線などの長さを測る時に使います。
スケール
5.ウォーターポンププライヤ
値段:ホームセンターでは500円〜2000円くらい
説明:アウトレットボックスに使うロックナットやブッシング、ねじのねじ切りに使います。
ウォーターポンププライヤ
6.リングスリーブ用圧着工具
値段:ホームセンターでは5000円くらい
説明:リングスリーブの圧着に使います。
注意:手で握るところのグリップの色が黄色の圧着工具を使ってください。
リングスリーブ用圧着工具

♦その他の工具の説明♦

以下に説明する2つの工具は持っていると楽(時間短縮)できるすぐれものです。
しかし、指定工具ではありませんので特に必要はありません。

注意:ケーブルストリッパーやワイヤーストリッパーは試験会場に持ち込みができます。

ケーブルストリッパー
値段:ホームセンターでは9000円くらい
説明:ケーブルのシースと絶縁被覆をはぎとれます。
ワイヤーストリッパー
値段:ホームセンターでは2000円〜3500円くらい
説明:ケーブルの絶縁被覆をはぎとれます。
ワイヤーストリッパー
スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system