第二種電気工事士技能試験の埋込形コンセントの接続方法
第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

13.埋込形コンセントの接続方法と取り付け手順

♦埋込形コンセントの接続方法♦

前項で説明した埋込形スイッチを取付枠に取り付けた時と同じ方法で、埋込形コンセントも取り付けることができます。

埋込形器具を1つ取り付ける場合は、取付枠に3つある取り付け場所の真ん中を使ってください。
また、埋込形コンセントにも上下の向きがあります。下側にあたるところに15A125Vなどと文字が書いてあります。

詳しい取付枠への取付方法はこちらを参考にしてください。
12.埋込形スイッチの接続

埋込形配線器具(コンセント)を取付枠に取り付けた状態
スポンサーリンク

♦埋込形コンセントの取り付け手順♦

手順1.上の写真か、下の写真を見てください。
コンセントに差し込みプラグを差し込む穴の大きさが、左右で異なっていることに気がつきましたか?
埋込形コンセント(一般的には埋込形以外でもどんなコンセントでも)には極性があります。

コンセント表面はプラグの差し込み穴が長い方がマイナス、コンセント裏面はWと書いてある方がマイナスになります。
マイナスには白色の絶縁被覆の電線を接続してください。

埋込形コンセントの表面

埋込形配線器具(コンセント)の表面、極性があります

埋込形コンセントの裏面

埋込形配線器具(コンセント)の裏面

手順2.電線のシース(灰色の絶縁被覆)は取付枠の長さくらいになるようにはぎ取ります。
白色と黒色の絶縁被覆は、コンセント裏面に芯線をどのくらいの長さにすればいいのかのゲージ(赤丸で囲んだ箇所)がありますので、そのゲージにしたがって芯線が適切な長さになるように絶縁被覆をはぎ取ってください。

埋込形配線器具(コンセント)の裏面の電線ゲージを確認

手順3.電線をコンセントの接続口の奥まで差し込んだら完成です。
最後に、コンセントのプラスとマイナスに適した絶縁被覆の色の電線が接続されているのか確認してください。
(プラスは黒色、マイナスは白色です。)

埋込形配線器具(コンセント)に電線を接続した状態
スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system