第二種電気工事士技能試験の引掛シーリングの接続方法と接続手順
第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

11.引掛シーリングの接続方法と接続手順

♦引掛シーリングの接続方法♦

引掛シーリングとは、一般住宅の天井についている蛍光灯用のコンセントのことです。

引掛シーリングには、丸型と角型の2種類があります。

丸型と角型は、ただ見た目が違うだけですので性能の違いはありません。
電気工事で実際に家の天井に取り付ける時は、好みで選んでください。

スポンサーリンク

♦引掛シーリングの接続手順♦

手順1.引掛シーリングの高さと同じくらいになるように、シース(灰色の絶縁被覆)をはぎ取ります。

シースをはぎ取る

手順2.引掛シーリングの側面に、電線を接続する長さの目安になるゲージがついているので、電線の絶縁被覆(黒色と白色の線)と芯線の長さをゲージと合うようにペンチで加工します。

ゲージに電線の長さを合わせて加工
端子への接続時の注意
引掛シーリングの電線を接続する端子には極性がありますので気を付けてください。
引掛シーリングの表面と裏面には接地側と書いてあります。
接地側とは、マイナス極のことですので、白色の電線を接続してください。

接地側の端子

引掛シーリングの接地側

電線を接続する端子

引掛シーリングの電線を接続する端子

手順3.極性(電線の色)に注意して引掛シーリングの端子に電線を差し込みます。

引掛シーリングの端子に電線を差し込む

手順4.電線を奥まで差し込んだら完成です。
(完成したら、電線を軽く引っ張ってみて端子から抜けないか確認してください。)

電線を奥まで差し込んで完成
スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system