第二種電気工事士の技能試験対策「3路スイッチの複線図」の描き方
第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4.三路スイッチの複線図の描き方

♦三路スイッチを接続した配線図について♦

下の図は、1つの電灯を3路スイッチを使って2カ所の場所(2カ所に設置したスイッチ)からオンオフをする単線図の電気配線回路図です。

今までの電灯の配線図は、1つのスイッチを使って電灯のオンオフを行っていましたが、下の配線図のように3路スイッチを使えば1カ所ではなく違う場所からでも電灯を操作できるようになります。

この3路スイッチを使った配線図も電気工事を行う時の基本となる回路ですので、電源から流れた電気がどのような経路を通って流れているのか理屈がわかるようにしっかり覚えましょう。

3路スイッチと電灯が配線された単線図

スポンサーリンク

♦三路スイッチと電灯回路の複線図の書き方♦

それでは、電灯と3路スイッチが接続されている時の単線図の電気配線図面を複線図に書き換える方法を考えて見ましょう。

今まで勉強してきたスイッチは、一カ所の場所から電灯を点けたり消したりしていましたが、3路スイッチを2つ使えば2カ所の場所から電灯を点けたり消したりできるようになります。

3路スイッチが使われている場所の例としては、一戸建て住宅の階段に設置されている電灯をON/OFFする為の上の階と下の階に設置されているスイッチ、団地などの階段の踊り場の電灯をON/OFFする為の一番上の階と一番下の階に設置されているスイッチ(それ以外の階は4路スイッチが設置)が思い当たります。

手順1.
まずは、それぞれの3路スイッチと電灯の器具に接続する電線の本数は何本必要なのかを考えましょう。

必要な電線の本数は、

となるので、下の図のように、電源と電灯からは2本、3路スイッチからはそれぞれ3本の線を描きます。

電源は理解しやすいように、プラス・マイナスで書かれていますが、プラスとは非接地側又はHotのこと、マイナスとは接地側又はColdのことです。

3路スイッチと電灯の電線の本数を考える

手順2.
次は、下の図のように、電源のプラス(非接地側)と3路スイッチ、そして3路スイッチどうしの線をつなぎ合わせます。
※電気の流れを考えると、赤い矢印のように電源のプラス(非接地側)から3路スイッチへ流れますね。

実物の3路スイッチの端子には、0、1、3という端子番号がふられているので3路スイッチどうしを電線で接続する時は、1と1の番号の端子、3と3の番号の端子どうしでつなぎ合わせるのがわかりやすいでしょう。
※端子番号を合わせるのは見た目の問題なので、端子番号を無理に合わせなくても構いません。但し、1つ目の3路スイッチの0番端子は電源のプラス(非接地側)と、2つ目の3路スイッチの0番端子は電灯とつないでください。

電源プラスと3路スイッチを接続

手順3.
最後は、下の図のように、3路スイッチと電灯、そして電灯から電源のマイナス(接地側)の線をつなぎます。
※電気の流れを考えると、黒い矢印のように電源のプラス(非接地側)から3路スイッチを通り、赤い矢印のように電灯を通って電源のマイナス(接地側)に向かって流れますので正しいですね。

3路スイッチと電灯の複線図

3路スイッチと電灯回路の単線図を複線図に変える方法はわかりましたか?

3路スイッチは複雑のように見えますが、普通のスイッチと同じようにつなげばいいです。
電気が電源のプラス(非接地側)からスイッチ、電灯を通って電源のマイナス(接地側)に戻ってこればいいです。
3路スイッチの仕組みを何回でも見て目に焼き付けて理解してください。

♦複線図の書き方の関連ページ♦

トップページへ戻る
スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system