第二種電気工事士技能試験の単線図を複線図に変換する練習方法

第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

11.応用問題E(技能試験の複線図の練習)

♦単線図を複線図に変換する方法♦

これまで、応用問題A、B,Cを勉強してきたみなさんは、複線図と電線の色分けがだいぶ分かってきたのではないでしょうか?

この応用問題Dまで勉強してもらえれば、電灯とスイッチを使った一通りの単線図は複線図に書き換えられるようになります。

それでは、最後に次の問題を解いてください。
次の回路図を単線図を複線図に書き換えてみましょう。

スイッチの右側に書いてある「イ」「ロ」は電灯のイとロのスイッチの事です。

単線図を複線図に置き換える応用問題D

スポンサーリンク

手順1.まず、それぞれの器具に必要となる電線の本数を考えてください。
回路図に使われている器具は、電灯イ、電灯ロ、スイッチイ、スイッチロです。

必要な電線数は、
電源からはプラスとマイナスの線が延びてきますので2本、
電灯イ2本、
電灯ロ2本、
スイッチイ2本、
スイッチロ2本、
になります。

手順2.次の作業は、電気の流れをイメージして線を接続してください。

電源プラス→スイッチ→電灯→電源マイナスの順番に電気が流れるように、それぞれの線をつなげます。

よって、答えは次の複線図になります。

応用問題Dの複線図

手順3.次に、電線の色を考えます。
いままで勉強してきた応用問題B、Cのことを思い出してください。

線の色を決める手順
1.電源のマイナス側の器具の線を白色にする。
2.電源のプラス側の器具の線を黒色にする。
3.最後に残りの線の色を適切に割り振っていく。

このようにして、電線の色を決めるのでしたね。

したがって、電線の色は次のようになります。
(線の色に赤色が出てきましたが、VVF-3芯を使っているからです。)

線の色の決め方がよくわからないという方は、必ずマイナス側の白色から色を決めていくようにすれば、コツが理解できるようになります。

応用問題Dの複線図の電線の色付け

スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system