第二種電気工事士の筆記試験対策「電気工事士法(目的、義務、作業、工事)」の説明

第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.電気工事士法についての筆記試験対策

♦電気工事士法と電気工事の作業範囲の基礎知識♦

電気工事士法とは、電気工事の作業をする者の資格と義務を定めて、電気工事をしたことによる欠陥によって災害が起こらないようにする法律です。

電気工事士の国家資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士の2種類の資格があり、それぞれの資格で次の表の様に作業範囲は異なります。

第一種・第二種電気工事士の作業範囲の表
資格の名称一般用電気工作物自家用電気工作物(500kW未満)
第一種電気工事士工事できる工事できる
第二種電気工事士工事できる工事できない
第一種電気工事士
低圧の一般用電気工作物、高圧の自家用電気工作物(500kW未満)の電気工事が行えます。
※簡易電気工事(自家用電気工作物であるが、電線路除く600V以下の電気工事)であれば認定電気工事従事者の資格を取得していれば電気工事は行えます。
ここで注意が必要ですが、第一種電気工事士であっても行えない工事があります。特殊電気工事(自家用電気工作物に含まれるネオン設備・非常用予備発電設備の電気工事)に関しては、特種電気工事資格者の資格を取得している者でなければ工事は行えませんので、第一種電気工事士の資格を取得していても工事はできません。
第二種電気工事士
低圧の一般用電気工作物の電気工事が行えます。

ですので、600V以下で受電する一般用電気工作物の電気設備の電気工事をするには第一種か第二種電気工事士の資格が必要です。そして、500kW未満の自家用電気工作物の電気工事は第一種電気工事士の資格が必要です。
但し、電気工事士の補助作業を行う者は電気工事士の資格は必要ありません。

♦電気工事士でなければ工事できない作業内容♦

電気工事士でなければ工事できない作業については、電気工事士法施行規則の第2条に定められています。第二種電気工事士の筆記試験に出題されやすいので1度目を通しておいてください。

♦電気工事士でなくても作業ができる軽微な工事♦

電気工事士でなくても作業ができる軽微な工事については、電気工事士法施行令の第1条に定められています。第二種電気工事士の筆記試験に出題されやすいので1度目を通しておいてください。

スポンサーリンク

電気工事士法の問題を解いてみよう

♦電気工事士法の目的の問題♦

♦問題1

電気工事士法の目的は何か答えよ。

答え:
電気工事の作業に従事する者の資格および義務を定め、電気工事の欠陥による災害の発生の防止に寄与すること

♦電気工事士に課せられた義務や制限の問題♦

♦問題2

電気工事士に課せられた義務または制限に関する次の記述は正しいか答えよ。

考え方:覚えておくと役に立つことは、第一種電気工事士と第二種電気工事士の作業範囲の違いについてです。

第一種電気工事士は、500kW未満の自家用電気工作物(特殊電気工事は除く)と一般用電気工作物の電気工事ができます。
第二種電気工事士は、一般用電気工作物の電気工事ができます。
認定電気工事従事者と特種電気工事資格者の作業内容についても覚えておきましょう。

答え:
イ.正しい
ロ.正しい
ハ.正しい
二.正しい

♦電気工事士の免状の書き換えの問題♦

♦問題3

電気工事士法に基づいて、電気工事士が免状の書き換えの申請をしなければならない事項はどれか答えよ。

考え方:免状の記載事項の変更をしないといけない時は氏名のみ書き換えます。

答え: ロ

♦電気工事士でなくてもできる作業の問題♦

♦問題4

電気工事士の資格に合格していなくてもできる作業はどれか答えよ。

考え方:電気工事士でなくてもできる工事はいくらかあります。よくでてくるものを紹介します。

電圧600V以下で使用する接続器や開閉器に、コード、キャブタイヤケーブルを接続する工事。

電圧600V以下で使用する配線器具を除いた電気機器、蓄電池の端子に電線(コード、キャブタイヤケーブル、ケーブルを含む)をねじ止めする工事。

電圧600V以下で使用する、電力量計、電流制限器、ヒューズを取り付け取り外しする工事。

電鈴、インターホーン、火災感知器、豆電球など、施設に使用する2次電圧が36V以下の小型変圧器の2次側の配線工事。

露出型点滅器、露出型コンセントを取り換える作業。

これらは、電気工事士でなくても工事や作業ができます。
なお、電気工事士の補助作業をする場合は電気工事士の資格はいりません。

答え: 二

♦参考書で試験対策しませんか?♦

第二種電気工事士の筆記試験や技能試験の勉強をする時に役に立つわかりやすく書かれている参考書などを 筆記試験対策に使うおすすめの参考書・過去問題集技能試験対策に使うおすすめの工具・練習材料 で紹介しています。今まで電気のことを勉強したことがない方で試験勉強に使う参考書をお探しの方は是非参考にしてみてください。

♦電気工作物の法令の関連ページ♦

トップページへ戻る
スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system