第二種電気工事士の筆記技能試験対策「開閉器・盤・呼出の図記号」の説明

第二種電気工事士
初めて受ける第二種電気工事士
〜電気が苦手だというあなたへ〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4.開閉器・盤・呼出の配線用図記号の説明

♦配線用電気図面で使う開閉器・盤・呼出の図記号の名称と意味を理解する♦

電気工事はやみくもに行うのではなく、建築の図面に配置された電気設備の図記号に従って工事を行っていきます。

ですので、配線用遮断器や分電盤などの電気設備に必要な機器を図面に書いてある通りに設置しなければなりません。

電気工事を間違いなく確実に行うには、電気工事をする作業員は電気設備の図面を設計した人の意図を読み取ることが重要になります。

ここでは、第二種電気工事士の筆記試験や技能試験によく出題される、開閉器・盤・呼出等の配線用図記号の名称とその説明について簡単にまとめました。

開閉器や配線用遮断器、配電盤や分電盤の図記号はよく目にします。
どの図記号が何を表しているのかしっかり覚えましょう。

配線用図記号(開閉器・盤・呼出)の表
図記号名称・説明
開閉器の配線用図記号開閉器
説明:電気の引き込み口や、電灯や動力などの分岐点に接続して電路の開閉を行う機器です。一般的には、大電力を開閉操作するものを開閉器といいます。
電流計付開閉器の配線用図記号電流計付開閉器
説明:電気の引き込み口や、電灯や動力などの分岐点に接続して電路の開閉を行うものです。一般的には、大電力を開閉操作するものを開閉器といい、開閉器の図記号のSが丸で囲まれてる時は電流計が付いているモデルです。
配線用遮断器の配線用図記号配線用遮断器
説明:電路には、短絡などによって過電流が流れないようにする為に配線用遮断器が設置されています。電路に過電流が流れた時は配線用遮断器によって自動的に電気が流れないように遮断されるので、配線用遮断器より後に接続されている回路(負荷側)は保護されます。
モータブレーカの配線用図記号モータブレーカ
説明:モータブレーカは配線用遮断器に分類され、主にモーター(電動機)が故障しないように保護する目的で使われます。
過負荷保護付漏電遮断器の配線用図記号過負荷保護付漏電遮断器
説明:電気機器に異常な電流が流れないようにする機能と、電路のどこからか絶縁不良などで電流が漏れていないかを検知して、漏れていたら回路を開く機能が付いた遮断器です。
フロートスイッチの配線用図記号フロートスイッチ
説明:フロートスイッチは、液面を利用したスイッチのことです。液面に浮きを浮かべて、液面の変動によって電路を閉じたり開いたりする仕組みになっています。
タイムスイッチの配線用図記号タイムスイッチ
説明:あらかじめ設定した時間通りにスイッチをON、OFFします。
電力量計の配線用図記号電力量計
(箱入りフード付)
説明:どのくらいの量の電力を使用したのか測定する計器です。身近なものでは、みなさんの家庭の電気料金を計算するために使われているお馴染みの電気メーターのことです。
配電盤の配線用図記号配電盤
説明:電柱に配線されている6600Vを低圧に変換する機器や、断路器や遮断器が納められた箱です。一般的にキュービクルと呼ばれている高圧受変電設備の二次側が当てはまります。
分電盤の配線用図記号分電盤
説明:低圧の電気を、電灯やモーターなどの各種電気機器やコンセントなどに割り振るための箱です。一般的には、家の中にあるブレーカー(配線用遮断器や漏電遮断器)が並べて納められている箱が当てはまります。
制御盤の配線用図記号制御盤
説明:エアコン、ポンプ、モーターなどのような電気を使う負荷機器の制御をする為の機器を収納した箱のことです。
壁付押しボタンの配線用図記号壁付押しボタン
説明:壁に取り付ける押しボタンタイプのスイッチです。
ブザーの配線用図記号ブザー
説明:ブザーはチャイムとは違い、ブー、ヴーなどのような単調な音がします。
チャイムの配線用図記号チャイム
説明:チャイムは、いろいろな音階を使った音(メロディー)がします。

♦参考書で試験対策しませんか?♦

第二種電気工事士の筆記試験や技能試験の勉強をする時に役に立つわかりやすく書かれている参考書などを 筆記試験対策に使うおすすめの参考書・過去問題集技能試験対策に使うおすすめの工具・練習材料 で紹介しています。今まで電気のことを勉強したことがない方で試験勉強に使う参考書をお探しの方は是非参考にしてみてください。

♦配線用図記号の関連ページ♦

トップページへ戻る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright (c) 2011 初めて受ける第二種電気工事士 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system